合宿免許を取得期間で選ぶ

合宿免許は取得期間が短いは本当?

合宿免許,おすすめ,期間

合宿免許を選ぶ理由の2番目として、取得期間が短いことが上げられます。

 

2020年3月末に電話で問い合わせたところ、自宅からの通い教習の場合でも、れから閑散時期時期に入るので早く取れる言われ期待ましたが、どんないスムーズに行ったとしても、5月の連休までの取得は難しいと言われました。この場合ですと、早くても6週間はかかってしまう事になります。

 

教習所に通う人や、教習所の都合にもよりますが、通い教習の場合は教習所の卒業検定に合格するまでの期間は、平均して2〜3カ月程度といわれています。社会人で仕事をしながらなど、週末にだけ教習を受けた場合は、3〜4カ月程度かかる場合もあります。(ナイター使用など)

 

合宿免許の場合、普通車AT限定の場合ですと最短で2週間程度、14日〜18日程度の所が多いようです。通常の通い教習と比較すると、半分以下の期間で取得が可能となりますので非常に魅力的だといえます。

 

最短取得期間に違いがあるのはなぜ?

合宿免許,おすすめ,期間

運転免許の最短期間は道路交通法で定められている運転免許の車種の最短教習時限数と1日に教習を受けることができる技能教習の最大時限数で計算できます。

普通車の課程

1段階は技能教習15時限(普通車ATの場合は12時限)、学科教習10時限
2段階は技能教習19時限、学科教習16時限
※1時限は50分です

法令で定められている技能教習の1日に受講できる時限数

段階は2時限まで
2段階は3時限まで ※ただし、3時限連続で技能教習を受講はできません
※学科教習は1日に受講できる時限数に制限はありません

合宿免許,おすすめ,期間

上記の条件で計算すめると合宿免許における一般的な最短日数は
普通車ATの最短日数 → 14日間(13泊14日)
普通車MTの最短日数 → 16日間(15泊16日)

週に1回休校日を設けている教習所は普通車の場合必ず2回休校日が入るので普通車ATの最短日数は16日間になります。また、修了検定や卒業検定、仮免許学科試験を実施しても良い曜日が決まったりしているため、最短日数が長く設定されている場合もあります。

 

上記の最短日数で免許を取りたい方は下のボタンをクリック!