合宿免許を費用で選ぶ

合宿免許は本当に安い?

合宿免許,おすすめ,費用

運転免許を取得するための教習所を選ぶ際に、合宿免許を選択した方の一番の理由が「取得費用」になります。

 

サイト管理人の経験で申しますと、2020年の3月、子供に普通免許を取得させるために、自宅からの通いでの教習と合宿の場合を調べたのですが、5万〜8万円くらい合宿免許の方が安かったです。

 

結局は自宅とは違う市に(同一県)ある合宿免許に参加させて、約25万で普通免許をMT車で免許を取得しました。

 

シーズンオフを狙ってみる

教習所は例年新卒者が免許取得をするために、冬休みから春休みの時期が込み合います。また、夏休みの時期も学生さんが長期の休みを利用して免許を取得するために、価格は高止まりしています。

 

狙い目は、春休みが終わった4月から5月にかけてのシーズンオフの時期です。私の子供も3月30日からの合宿免許に参加させました。

 

合宿免許,おすすめ,費用
合宿免許受付センター「山陰中央自動車学校」山陰中央自動車学校より抜粋

 

サイトに表示表示されている価格以外の費用は?

合宿免許,おすすめ,費用

当サイトで紹介している合宿免許の商品は、概ね卒業までの宿泊費と食事が含まれている場合が多いです。中には17万程度の破格ながら食事を自炊することで価格を抑えた商品もあります。

 

これらの費用以外にも、教習所までの旅費が発生しますが、交通費については往復分を負担してくれるところを探すと良いでしょう。

 

検定に落ちてし合った場合には、規定数を超えた場合の補習代や検定代、追加の宿泊(食費)が発生する場合があります。それぞれの募集要項をしっかりと確認して内容を確かめましょう。

 

 

価格保証の設定は?

合宿免許,おすすめ,費用

検定に落ちてしまった場合や技能教習に時間がかかった場合でも、卒業まで追加費用がかからない「価格保証」を売りにしたプランもあります。

 

学生さんや教習に自信が無くて教習期間がなりそうな方は上手に活用しましょう。

 

それでは「合宿免許受付センター」で案内されている「山陰中央自動車学校」を例に、補償内容を確認してみましょう。

 

合宿免許,おすすめ,費用

 

30歳までの方なら追加費用がありません
こちらの合宿免許の場合は30歳までの方は、仮免許試験などで落ちたりして補習がついたり、宿泊数が伸びても追加費用が発生しません。通常は1時間当たり4〜5千円程度は追加の補習料金が発生するので大変お得です。別途必要なのは不合格の場合の仮免許試験料と仮免許証の交付手数料です。
31歳〜50歳の方にはそれぞれ上限が設けられていて、追加料金が発生してしまうのは、年齢が上がるにつれて技能的に時間がかかり、検定も合格率が落ちるので補習も多くなる傾向があるからと予想されます。

 

 

各種割引をチェックする

合宿免許のサイトによってさまざまな割引が設定されています。学生割引、ペア割引、早期割引など、条件に当てはまり組み合わせによっては価格が安くなる場合があります。

 

ここでは「ユーアイ免許」で案内している割引について紹介します。早割り、学割、G割、三つすべてが対象の方は合計で13,000円の割引を受けることができます。

 

 

 

合宿免許ドリームは最低価格保証

最低価格
同じ教習所であっても、申し込んだ合宿免許のサイトによって価格が違う場合があります。同じ内容で、同じ価格であれば問題ありませんが、「高い方に申し込んでしまった。」なんてことにならないように、合宿免許ドリームでは安心して申し込みできるように、最低価格の保証しています。

 

入校日、部屋タイプ、教習所も同じなのに他社のホ−ムペ−ジ、パンフレットが安いという事があれば、すぐに連絡しましょう。最低価格で案内いたしてくれます。