卒業検定の様子

卒業検定

 

卒業検定は何種類かコースがある訳ではなく、となりの教官の指示する道順に沿って公道を運転する形でした。当日の天気は晴れで、朝一番、10時からのスタートでした。

 

順番は2番目だったので、最初の検定車の後ろに乗車することになりました。最終的には、最初に受験したこの方も合格することになるのですが、教官から交差点を曲がる際の後方確認が雑だと注意されていたので、自分も注意をしようと再認識しました。

 

1回の検定は30分程で終了します。無事に1回目の検定が終了して、自分の番が回ってきました。マニュアル車の場合は、車両が変わるとクラッチのつながる高さが車によって違ってくるので、最初はエンストをしない様に気を付けてスタートしました。

 

教官の言われる道順で運転を行い、順調に検定は進んでいきました。途中の交差点で右折の際には、路線バスの運転手さんが検定中のナンバーに気が付いたのだと思いますが、先方が優先にもかかわらず、停止して譲ってくれました。

 

最初は緊張していましたが、スタートをしてしまうと、運転に集中していて検定が終わってしまうと、検定中のことはよく覚えていませんでした。

 

エンストや、優先車妨害などの大きなミスもなかったので、無事に教習所まで帰ってきました。帰ってきてから20分程待つと、合格者の一覧が食堂に張り出され、その中に自分の名前があり、技能検定は一回で合格出来ました。

卒業までの日数は

卒業検定

 

自分の場合はマニュアル車の免許取得で入所してから卒業までの日数は16日間でした。

 

基本的に教習所に休みの日は無く、学科の受講状況や、実技の補習の状況にもよりますが、自分の場合は学科の受講、乗車が全く無かった日が1日か2日あったと思います。

 

補習は1回も付かず、技能検定も仮免、卒研ともに1回で合格したので、再検定もありませんでした。学科は仮免で1度落ちており、次の日の2回目で合格、卒検は1回で合格しました。

 

自分の場合は補習は付きませんでしたが、仮免許の学科で一度落ちましたので、再試験を受けましたが追加の費用は発生していません。合宿免許の良い所は、再検定や補習が付いても追加の費用が発生しないことです。

 

AT限定で普通免許を取る場合は2日短い期間で取れるので、最短14日間で卒業が可能となります。自宅からの通い教習の場合はマニュアル車で40日程度と言われたので、半分以下の期間で卒業することが出来ました。

 

自分にピッタリの合宿免許が見つかります。下のボタンをクリック!
合宿免許ドリームはこちら ユーアイ免許はこちら 合宿免許受付センターはこちら 合宿免許プラスはこちら

 


合宿免許2日目

合宿免許3日目〜仮免許

合宿免許の路上教習の様子